-映画祭の概要-

日本初!北アイルランドに注目した映画祭

 演劇や文学においても誇り高い伝統を持つ北アイルランド。北アイルランドにはジェームス・ネズビット、ケネス・ブラナーやリーアム・ニーソン、スティーブン・レイ、テリー・ローアン、マーゴ・ハーキン、ピアス・エリオットなど、現在世界の映画シーンをリードする多彩な映画人たちを輩出してきています。

 また、1990年代中旬から続く停戦宣言以降、北アイルランドの経済的、文化的発展は目覚しい状況にあります。特にベルファースト市全体では文化的な活動に力を入れています。NI Screen(北アイルランド映画コミッション)を核として、北アイルランドにおいて映画やドキュメンタリー製作は盛んに行われるようになりました。こういったことを背景に、現在の北アイルランドのカルチャーシーンではCGアニメーション業界の興隆など、多種多様な映像表現が彩りを添えています。

 依然として紛争やテロというイメージが色濃く残っている北アイルランドではありますが、地元では近年その歴史を検証する新たな視点を見いだしながら、未来へつなげていこうとする試みとしてのドキュメンタリーやドラマが製作されています。

 北アイルランドがこれまで歩んできた歴史、育んできた文化、いま現在、そしてこれからの展望を、それらすべてが制作者の目を通して写し込まれる“映画”によって、見て、感じていきたい、既存のイメージにだけに捕われない、北アイルランドの新たな表現を紹介したいと思っております。

 現実や社会、歴史とまっすぐに向き合い、希望を紡ぎだしている、そういった北アイルランドの表現をいま日本で見ることは価値あるものになると考えております。

 映画祭にあわせて北アイルランドから2〜3名の映画関係者を日本に招聘し、トークやイベントなど多くの方に楽しんでいただけるような多彩な映画祭を開催したいと思っておりますので、是非映画祭にお越しいただければと願っております。

 このNIFF 2008は各方面の皆様から暖かい支援を受けており、この場をお借りして皆様に感謝の念を表したいと思います。当実行委員会は北アイルランドや映画を愛するスタッフが集まり運営しております。

N.アイルランド・フィルム・フェスティバル 2008 実行委員会

-

- The Concept of the Film Festival -

 We are delighted to announce a week of Northern Ireland Film Festival in Tokyo due to be held from 9th February to 15t February 2008. This will be the first time of its kind ever held in Japan. Northern Ireland has a long history in literature and playwriting and the land has produced many fine actors and filmmakers.

 Ever since the ceasefires in mid 1990s and the recent political progress, Northern Ireland has been experiencing a renewed prosperity in its economical and cultural developments. There has been a series of new films and documentaries coming out of the land, and Northern Ireland Screen has been an instrumental in its backing. There are now various kinds of films, documentaries, visual products as well as CG animations made in the region.

 The image of Northern Ireland is perhaps still associated with the ‘Troubles’, but there have been movements on the local ground level to examine the past and find a new path that leads to future developments in the filmmaking industry.

 We believe that films are reflections, through the eyes of filmmakers, of the land’s past, the fostered culture and the real present, which are aimed to create and lead new movements for future. The festival’s purpose is to introduce such works that break the fixed image and present the new expressions made in Northern Ireland.

 We are convinced that watching the films that portray the actuality of living in such a society and history is valuable and worthwhile experience for Japanese audience.

 We are hoping to invite 2 to 3 guests during the festival week and talk shows and events are also planned. We will try our best in trying to organize a film festival that everyone can enjoy, so please come to see the films. We look forward to meeting you there!

 The NIFF 2008 is supported by many people and organizations and we would like to take this opportunity to express our gratitude to everyone in helping us. The film festival run by those who love films and Northern Ireland.

The Committee for Northern Ireland Film Festival 2008.

-

NIFF 2008 携帯サイト

カメラで撮って見て下さい。